木村克幸

演劇企画制作団体
coconkukanunity代表 木村克幸

記事一覧(28)

ネリネの曲線、終わって。

coconkukanunity木村です。今回作品の脚本・演出を努めさせていただきました。ご来場いただいたお客様、また、ご来場難しくも応援してくださったお客様本当にありがとうございました。簡単に作品について綴らせていただこうと思います。【ネリネという花について】この「ネリネ」という花は作品を作る前は全く知りませんでした。まだ、作品が形になる前、日常を繰り返す話にするという漠然とした構想の段階で、何気なく11月の誕生花について調べておりました。そこで11月17日の誕生花である「ネリネ」と出会いました。花言葉:また会える日を楽しみにこの花と出会った時、魅了され、作品をに向けてスタートしました。もともと、「喪失」というのを作品のテーマの核にすることが多く、その「ネリネ」の形状が彼岸花と酷似していることもあり、イメージが湧きやすかったです。ネリネの花弁の曲線のように、緩やかにカーブを描いてまた同じ日に戻ってくる。そんな作品にしたかったのだと思います。今回の作品については、初顔合わせのタイミングでは、こんな漠然としたイメージのみを携えて、台本は一文字もありませんでした。そんな中、役者陣のイメージから少しずつ台本に書き起こし、作品の完成に向かっていました。こんな状態の中で、よく自分のことを信じてみんなついてきてくれたなと感謝でいっぱいです。【華という人、圭介という人】華という人物はきっと、どこか違う世界の自分、もしかしたら自分がこうでありたい、こう進んでいきたいという思いがあったのだろうと思います。辛いという気持ちを抑えて、誰かに優しく、辛いことがあっても少しずつでも前にすすんでいけるような、そんな人間になりたいのだと思います。変わって圭介はきっと、本来の自分を少なからず投影しているのかなと、思っています。夢をおって、現実を少し雑にして、進んでいっているそんな自分の甘さのなかに、自分なりの救いの解釈が生まれたキャラクターなんだと、、、華と圭介というのは、自分の中にある人間性を、分離させた存在なのかなと、作品が終演してから感じました。【作品にあるはずの救いについて】本来作品というのは、最終的に救いがあったり、みんな幸せになったりすることが多いのかと思います。しかし今回の作品には救いはありません。全く。華という存在の大切な人は結局死んでしまうし、蘭の恋人であろう語り部さえも、死を受け入れます。そんな作品にわずかでいいので自分なりの救いを作りたかった。なので、冒頭に、語り部の「この話は、嘘です、、、」と綴りました。物語なんてものは嘘で、でもその中にある、自分が作品を通して伝えたい、あるいは、自分自身が気づきたい、当たり前が当たり前でない、毎日が同じようでも同じではない、限られた時間を必死に生きたいという願いを込めたかったのかもしれません。【最後に、、、】作品は、少なくとも僕が創る作品には、どこか終わってから考えなくてはいけない、スッキリしない場面をなるべく作るようにしています。作品が終わり、少しもやもやして、一緒に来場されたかたや、ふとした時に作品について、劇場以外でも感じていただければという気持ちがあるからです。嫌な気持ちにさせてしまってしまったら申し訳ありません。ただ、作品をご覧いただき少しでも人生の記憶の一部となることができたのであれば、作品および関わる人間たちは本望です。この作品を、自分自身を通して、これからも必死に人生に、生み出す物語に向き合って行ければと思います。誠実に、少しずつでも、優しいスピードで、、、あと、100年も生きられないのだから。。。coconkukanunity木村

11月公演 ネリネの曲線

coconkukanunity vol.10 -円 en-■作・演出木村克幸■タイトルネリネの曲線■ひとこと同じような毎日を退屈だというけれどもしかするとそんな今日はずっと続いて欲しい1日なのかもしれないとそう思ったどこかのだれかにある時突然に今日に閉じ込めて欲しいとそう思った自分は果たして今日を精一杯生きられているだろうかそんなことをそんな思いをこの作品に込められたらと思うーーーーーーーーーーーーーーーーーーー11月16日 晴れ明日はどうやら雨が降るらしい私は大きく息を吸ってまた、今日という一日に挑んでいくこんなにも今日までを消費していただけの私がこんなにも必死に一日を過ごすだなんてこんなにもありきたりな一日がこんなにも特別な一日になるだなんて、、、来て欲しくない明日を見ないように、見えないように私は今日を繰り返すそんな1日に閉じ込められた私の物語■期間2019年11月27日(水)〜12月1日(日)11月27日(水) ★14:00(k) / 19:00(k) 11月28日(木) ★14:00(k) / 19:00(k) 11月29日(金) ★14:00(k) / 19:00(k) 11月30日(土) 13:00(t) / 18:00(t) 12月1日(日)  12:00(t) / 17:00(t) ※受付・開場時間は30分前となります。※上演時間は1時間30分を予定しております。■チケット前売:4,000円★マークの公演は割引前売 3,500円でのご案内です。U25→25歳以下のお客様は 3,000円でのご案内です(受付にてご年齢の分かる身分証明書をご提示ください)当日:4,500円■会場ワーサルシアター八幡山https://worsal.com/theater/access.html■出演 髙坂汐里伊藤文一谷澤翼 (t)のみ出演渡邉秀夫菅野奈都美鈴木はるか木芽まりも木村克幸 (k)のみ出演■STAFF照明:近藤大稀(LICHT-ER)、阿部将之(LICHT-ER)音響:縄司龍二(Sound Feel) 制作:横畑洋輝(coconkukanunity)ご予約はこちらからhttps://www.quartet-online.net/ticket/nerineお問い合わせcoconkukanunity2017@gmail.com

2019年11月末 舞台出演者募集

coconkukanunityでは2019年、11月末に制作する舞台作品に出演してくださる役者の方を募集いたします。壊れそうな繊細な作品を作れたらと思っています。少しでも多くの方に出逢えたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。about us...https://coconkukanunitykkk.amebaownd.com/◾️概要----------------------------------coconkukanunity vol.10 - 円en -◾️本番期間2019年11月26日(火)~12月1日(日)予定◾️ステージ数 5~10ステージ(2作品参加の場合は10ステージ出演になります)◾️会場ワーサルシアター八幡山◾️タイトル①「三本目、絡まる、歪な曲線」(再演)②「タイトル未定」(新作)◾️脚本演出木村克幸(coconkukanunity)参考作品https://youtu.be/6U78B4OeNbY◾️オーディション日2019年9月16日(月曜)場所は都内会場を予定しております。※受付締切は9/7になります。以下必要事項が含まれるプロフィールを添付の上件名に「11月オーディション」としていただきメールにてご応募ください。◾️氏名◾️年齢◾️身長◾️趣味特技◾️あれば簡単な出演歴◾️バストアップ、全身の写真※報酬につきましては、双方話し合いの上決定させてください。 申込、お問い合わせ先メールアドレス‭coconkukanunity2017@gmail.com‬----------------------------------【coconkukanunityについて】音、と、視覚、に重点をおいて、往年の演劇、と言う形から外れた芸術性のある作品を制作する傍ら、これからの表現者(演出家・役者)の作品をプロデュースし、表現者の関係性や可能性の幅を広げつながりを広げていく活動を行っていくために設立。【作品スタイルについて】脚本・演出 木村克幸  coconkukanunity  - 円en - 脚本・演出 松井カズユキ coconkukanunity - 線sen - 脚本・演出 上記以外の演出家 coconkukanunity - 点ten - 【過去公演について】・タイトル 4 -four- これまで、と、これから・公演日程 2015年5月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 池袋シアターグリーン BASE THATER・タイトル 三本目、絡まる、歪な曲線・公演日程 2015年8月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 新宿眼科画廊・タイトル 林檎戦争・公演日程 2015年12月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 新宿眼科画廊・タイトル 運命のひとびと・公演日程 2017年10月・作演出 柴田孝介(junkink)・会場 シアター風姿花伝・タイトル 希望の家・公演日程 2017年10月・作演出 松井カズユキ・会場 千本桜ホール・タイトル 浦島の子・公演日程 2018年1月・作演出 松井カズユキ・会場 キーノートシアター・タイトル 絶体絶命・公演日程 2018年9月・作演出 松井カズユキ・会場 参宮橋トランスミッション・タイトル もしも、世界が、あお、ならば、、、・公演日程 2018年11月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール・タイトル 慈烏反哺・公演日程 2019年3月・作演出 松井カズユキ・会場 ワーサルシアター八幡山・タイトル Garden of the Cage・公演日程 2019年4月・作演出 佐藤信也(疾駆猿)・会場 キーノートシアター・タイトル カウントダウン・公演日程 2019年6月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)     松井カズユキ・会場 吉祥寺シアター・タイトル 星々のお祭り~記憶の中のジャルダン~・公演日程 2019年7月・作演出 吉岡徹・会場 ワーサルシアター八幡山申込、お問い合わせ先メールアドレス‭coconkukanunity2017@gmail.com‬■最後に多くの役者が多くの演出家と出会い、広がりを続けていけるよう今後も活動していきます。これからの皆様の出会いと発展の一端になれればいいなと思っています。質問等ございましたらお問い合わせください。それではよろしくお願いいたします。coconkukanunity 主宰 木村克幸

星々のお祭り~記憶の中のジャルダン~

■coconkukanunity vol.9- 点 ten-■作・演出吉岡徹■タイトル星々のお祭り~記憶の中のジャルダン~■ひとことこの世界のどこかに、記憶のトラウマを癒す保養所「星々のジャルダン」があるという。少年カミルもまた、記憶をなくしながら、保養所の中庭の手入れを任されていた。ある日、カミルの前に、仕事に疲れた男、学校嫌いの少女、高学歴の引きこもり青年など、次々と現れる。カミルは彼らに、保養所に住む面々を引き合わせると、世代を越えた、奇妙な交流が始まった。そうして、思い出された、それぞれの記憶が鍵となり、忘れていたカミルの、深く、悲しい記憶もまた、よみがえるのだった。すべては、とても大切な「星々のお祭り」に向かうためにーー。これは、「生まれた命の意味」を思い出す物語。■期間2019年7月31日(水)〜8月4日(日)7月31日(水) ★14:00 / 19:30 8月1日(木) ★14:00 / 19:30 8月2日(金) ★14:00 / 19:30 8月3日(土) 13:00 / 18:00 8月4日(日)  12:00 / 16:00 ※受付・開場時間は30分前です。■チケット前売:4,000円★マークの公演は割引前売 3,500円でのご案内です。U25→25歳以下のお客様は 3,000円でのご案内です(受付にてご年齢の分かる身分証明書をご提示ください)当日:4,500円■会場八幡山ワーサルシアター■出演 荒井鉄平伊藤文一木由本茶鮎小林望佐藤俊介杉島俊輝谷澤翼山副昌久遠藤百華おづはる日鈴木はるか須田晶子髙坂汐里渡辺明佳ご予約はこちらからhttps://www.quartet-online.net/ticket/hoshiboshi

6月 吉祥寺シアター「カウントダウン」

公演チケット販売開始3月26-31慈烏反哺

本日より次回公演のチケット販売開始となりました。是非本年公演もよろしくお願いいたします。coconkukanunity vol.6 -線sen-  ■タイトル慈烏反哺(じうはんぽ)■あらすじ 。一人の男がいた。その男の名は吐夢(とむ)。彼には吐く夢も、持つ希望もなかった。原因は両親の喧嘩。彼が幼少期の頃から喧嘩は絶えなかったが、彼はなんとか両親に仲良くなって欲しくて間に入ることも少なく無かった。なんとか親を喜ばせようと、学校の成績は優秀に務めた。 そんな彼が高校1年の時に、喧嘩をした親から驚愕の言葉を耳にする。『お前なんか、生まれて来なければ良かったのに』この言葉はその後の彼の人生を大きく変えた。父と母の間に入る事は無くなり、人間として粗野になった。周囲で当たり前に暮らしている人達の幸せが疎ましく想えた。そんな自分の心の貧しさが、やがて人を傷付ける人間と彼を変えて行った。そんな彼も30歳。相変わらずの両親だったが、彼の周囲の人物は相も変わった。沢山の未来があっただろう彼は、あれ一件以降彼は高校を中退し、借金取りとして働いている。借金取りとしての彼は優秀だった。『どうせ俺は望まれない子供』。この事が彼に多少の無茶を許したからだ。彼自身、別に何時死んでも構わない。そんな惜しむ人生でもなかった。今日も仕事を終え、家に帰る道。彼は一人の男に刺されてしまう。その男は、自分が借金を取りに行った男だった。『ああ。おれの人生もこんな感じで終わりか。』薄れ行く意識の中で、そう想いながら目を閉じた。やがて目を覚ますと、一人の男が立っていた。その男は天使と名乗った。男は言った。『一つだけあなたの望みを叶えて差し上げましょう。』と。だが、彼には望む夢が無かった。どうやら天使は蘇るという選択肢を期待していたらしいが、蘇りたい、そんな人生でもなかった。考えに考えた結果、彼が出した答えは『仲が良かった頃の両親の姿が見てみたい』■企画制作coconkukanunity ■作・演出松井カズユキ  ■期間2019年3月26日(火)〜3月31日(日)3月26日(火) ☆19:003月27日(水) 19:003月28日(木) ☆14:00 / 19:003月29日(金) ☆14:00 / 19:003月30日(土) 14:00 / 19:003月31日(日) 13:00 / 17:00 ■チケット料金:前売 4,000円   当日 4,500円  ※☆印の公演は500円引き(3,500円)でご案内させていただきます。 ■予約フォームhttps://www.quartet-online.net/ticket/jiuhanpo※受付開始・開場は開演の30分前より開始とさせていただきます。 ■会場 ワーサルシアター八幡山https://www.worsal.com/theater/access.html■出演 谷澤翼田中里実(以上、coconkukanunity partner)石川榛名伊藤文一岡村稜太奥田龍平桑原聡佐藤俊介村上遼山副昌久渡邉秀夫鈴木はるか髙坂汐里西垣紫野(順不同) 

2019年ご案内

新年明けましておめでとうございます。2018年も舞台作品3本、食×劇(レストラン公演)3本上演させていただき、お越しいただく皆様のおかげで今年も作品を作り続けることができます。ありがとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします。2019年の現在決まっております作品は以下の通りになります。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー①2019年 3/26(火)~3/31(日)※2月上旬よりチケット販売開始予定杉並演劇祭参加作品 会場:ワーサルシアター八幡山 タイトル:慈烏反哺 (じうはんぽ) 
 脚本演出:松井カズユキ ・coconkukanunity参加作品
2017年10月作品「希望の家」2018年1月作品「浦島の子」2018年9月「絶体絶命」脚本・演出。
 中津留章仁(TRASHMASTERS)に師事し、人間味溢れる作品を手掛ける。 
②2019年 4/16(火)~4/21(日)※3月上旬よりチケット販売開始予定会場:キーノートシアタータイトル:未定  脚本演出:佐藤信也(疾駆猿)(coconkukanunity初参加) ③2019年 6/6(木)〜6/9(日) ※4月中旬よりチケット販売開始予定会場:吉祥寺シアター タイトル:未定 脚本演出:木村克幸×松井カズユキ(共同制作) ・木村克幸:coconkukanunity主宰
音、視覚に重点を置いた抽象表現的な作品を制作。 作品:もしも、世界が、あお、ならば、、、 @彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
2018年11/29,30 ④2019年 7/29(月)~8/4(日)  ※6月中旬よりチケット販売開始予定会場:ワーサルシアター八幡山 タイトル:「星々のお祭り~記憶の中のジャルダン~」(仮) 
あらすじ:この星の人々には、連綿と受け継がれてきた記憶がある。 庭師の少年は、そんな人々の記憶を、庭の花と共に管理してきた。 
戦後から現代まで、
様々な記憶を持つ人々が、
「星ふる庭」で集まる時、
とても大切なお祭りがはじまる瞬間に、少年は出会うのだった。  この物語は、すべての人の記憶を辿る物語。 
脚本演出:吉岡徹(coconkukanunity初参加) 映像クリエイター・劇作家 日中共同制作映画「純愛」運営テクニカルスタッフ
ホテル・宿泊施設向け情報配信サービスイータブ・プラス® 動画制作 2018年4月には舞台「魂推理士心弦真(シンゲンマコト)」 作・演出:吉岡徹 (主宰:teamACT)を行うなど、映画や演劇など他方での表現活動も行っている。 
・受賞歴 2010あつぎ映像コンテスト 優秀賞「あかりの表現」2013あつぎ映像コンテスト ブルーウェーブあつぎ賞「花になる時」 2015あつぎ映像コンテスト 企業協賛賞「ソラに染み込む」ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー以上になります。随時更新情報をアップしていきますので、どうぞよろしくお願いいたします。coconkukanunity 木村

coconkukanunity2019年制作作品出演者オーディション

coconkukanunityでは2019年に制作する舞台作品に出演してくださる役者の方を募集いたします。少しでも多くの方に出逢えたら嬉しいです。よろしくお願いいたします。----------------------------------◾️概要①2019年 3/25(月)~3/31(日)※杉並演劇祭参加作品会場:ワーサルシアター八幡山タイトル:慈烏反哺 (じうはんぽ)脚本演出:松井カズユキ・coconkukanunity参加作品2017年10月作品「希望の家」2018年1月作品「浦島の子」2018年9月「絶体絶命」脚本・演出。 中津留章仁(TRASHMASTERS)に師事し、人間味溢れる作品を手掛ける。②2019年 6/5(水)〜6/9(日)会場:吉祥寺シアタータイトル未定脚本演出:木村克幸×松井カズユキ(共同制作)・木村克幸:coconkukanunity主宰音、視覚に重点を置いた抽象表現的な作品を制作。作品:もしも、世界が、あお、ならば、、、@彩の国さいたま芸術劇場 小ホール2018年11/29,30③2019年 7/29(月)~8/4(日)会場:ワーサルシアター八幡山タイトル未定脚本演出:吉岡徹(coconkukanunity初参加)映像クリエイター・劇作家日中共同制作映画「純愛」運営テクニカルスタッフホテル・宿泊施設向け情報配信サービスイータブ・プラス® 動画制作2018年4月には舞台「魂推理士心弦真(シンゲンマコト)」作・演出:吉岡徹
(主宰:teamACT)を行うなど、映画や演劇など他方での表現活動も行っている。・受賞歴2010あつぎ映像コンテスト 優秀賞「あかりの表現」2013あつぎ映像コンテスト ブルーウェーブあつぎ賞「花になる時」2015あつぎ映像コンテスト 企業協賛賞「ソラに染み込む」----------------------------------オーディション日2018年12月15日(土曜)※受付締切は12/9になります。以下必要事項が含まれるプロフィールを添付の上件名に「2019年オーディション」としていただきメールにてご応募ください。◾️氏名◾️年齢◾️身長◾️希望作品番号 ※全て選択も可◾️趣味特技◾️あれば簡単な出演歴◾️バストアップ、全身の写真※報酬につきましては、双方話し合いの上決定させてください。 申込、お問い合わせ先メールアドレス‭coconkukanunity2017@gmail.com‬【coconkukanunityについて】音、と、視覚、に重点をおいて、往年の演劇、と言う形から外れた芸術性のある作品を制作する傍ら、これからの表現者(演出家・役者)の作品をプロデュースし、表現者の関係性や可能性の幅を広げつながりを広げていく活動を行っていくために設立。【過去公演について】・タイトル こめかみロック・バック・公演日 2012年10月・作演出 松原功(pu-pu-juice)・会場 ザムザ阿佐ヶ谷 ・タイトル 相川探偵処物語・公演日程 2013年7月・作演出 松原功(pu-pu-juice)・会場 東演パラータ ・タイトル 4 -four- これまで、と、これから・公演日程 2015年5月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 池袋シアターグリーン BASE THATER・タイトル 三本目、絡まる、歪な曲線・公演日程 2015年8月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 新宿眼科画廊・タイトル 林檎戦争・公演日程 2015年12月・作演出 木村克幸(coconkukanunity)・会場 新宿眼科画廊・タイトル 運命のひとびと・公演日程 2017年10月・作演出 柴田孝介(junkink)・会場 シアター風姿花伝・タイトル 希望の家・公演日程 2017年10月・作演出 松井カズユキ・会場 千本桜ホール・タイトル 浦島の子・公演日程 2018年1月・作演出 松井カズユキ・会場 キーノートシアター・タイトル 絶体絶命・公演日程 2018年9月・作演出 松井カズユキ・会場 参宮橋トランスミッション<その他>食事と演劇 「食×劇(ショクゲキ)」第一回 2018年6月3日作品名:グッデイ  脚本演出:松井カズユキ会場:大宮 キッチンバー Buono【今後の予定】2018年11月29.30coconkukanunity企画制作会場:彩の国さいたま芸術劇場作品名:もしも、世界が、あお、ならば、、、脚本演出:木村克幸■最後に多くの役者が多くの演出家と出会い、広がりを続けていけるよう今後も活動していきます。これからの皆様の出会いと発展の一端になれればいいなと思っています。質問等ございましたらお問い合わせください。それではよろしくお願いいたします。coconkukanunity 主宰 木村克幸

11/29.30 もしも、世界が、あお、ならば、、、

coconkukanunity vol.5『もしも、世界が、あお、ならば、、、 』■企画制作 coconkukanunity ■作・演出 木村 克幸 ■期間 2018年11月 29日(木)30日(金)29日(木) 19:3030日(金) ★13:00 / 17:00 ■チケット 料金前売 4,500円    当日 5,000円 25歳以下 3,500円※ ★マークの公演は4,000円でご案内させていただきます。※ 受付開始は開演の60分前、開場は30分前です。 ■予約フォームhttps://www.quartet-online.net/ticket/aonaraba ■会場 彩の国 さいたま芸術劇場 小ホールhttp://www.saf.or.jp/arthall/access/・JR埼京線 与野本町駅(西口)下車7分・新宿から快速で27分、各駅停車で40分・大宮から快速で4分、各駅停車で6分(通勤快速は停車しません)■ひとことわたしは、今日も、変わらずに 家から会社へ向かっている  駅のホームでは、数センチ先の世界で 鉄の塊が、  ものすごいスピードで駆け抜けていく  わたしは、ヘッドフォンの中の空間に身を寄せて  ベンチに座って視界に入る世界以外を遮断している  わたしの後ろで どこかの誰かが  愛を育んでいても  哀しみに浸っていても  銃の引き金を引いていたとしても  わたしは、ホームに入ってくる鉄の塊が  わたしを運んでくれる馬車にかわるのを  ヘッドフォンの中の空間で なんとなく、感じて、、、  当たり前の毎日を、くりかえし  わたしは、あお、が、すき  そんな、わたしの、当たり前のこと  でも、 もし、  もしも、世界が、 世界中が、あおいろに染まっていたならば  わたしは、 あお、が、 好きに、なったのだろうか、、、  当たり前が、当たり前じゃなくなる  そんな、ある、1日の、おはなし。■出演 おづはる日栗俣好花鈴木はるか髙坂汐里坂井淳子田中里実種村幸永井絵梨沙飯田秋至谷澤翼横畑洋輝渡邉秀夫■スタッフ照明:南香織(LICHT-ER)音響:縄司龍二(Sound Feel) ■詳細https://coconkukanunitykkk.amebaownd.com/