WORKS


coconkukanunity vol.12 5周年公演

タイトル:UTOPIA

脚本・演出:木村克幸(coconkukanunity)


○place

池袋シアターグリーン BOX in BOX THEATER


○schedule

2022年11月9日(水)〜11月13日(日)

11月9日 19:00~

11月10日 14:00 19:00

11月11日 14:00 19:00

11月12日 13:00 18:00

11月13日 12:00 17:00

開場・受付開始は開演の45分前です。

S席を除き自由席となります


○ticket

・S席 *各公演最前列中央10席限定指定席

 前売りのみ 6,000円

・A席 *自由席

 前売り 4,500円

 当日  5,000円

・U22  3,500円(A席前売りのみ)

 ※当日受付にて身分証のご提示をお願いいたします


ご予約はこちらから(10月1日10時より販売開始)

https://ticket.corich.jp/apply/191529/


あらすじ:

私は走っていた

とにかく走っていた

あんなに差していた日差しが

大きく陰って

雨が降り出してきた

私は走っていた

この雨から逃げるように

濡れた身体を癒す場所を探して

この街が水浸しになった時

私は街外れの商店にたどり着いた


”この店の名前はアーモロート、雨が降ると不思議とモノたちが動き出す”


そんな場所での

雨の日だけの、不思議なお話

--


○cast

金子雅(エッグスター)


齋藤陽介(ホチキス)

森田佳寿美(UTY)

真田真帆

菊地音々子

東条澪(プラチナムプロダクション)

川村彩花(KWAN)


谷澤翼 (ニサンカタンソ)

ゆで ちぃ子。

桂川明日哥

渡邊まど佳(Cheer Lead)

小町雪

鈴木はるか(フロアトポロジー)


○staff

舞台監督|齊藤樹一郎 

舞台美術|齊藤樹一郎

照明|上田茉衣子(LICHT-ER)

音響|縄司龍二(Я ru-a)  

宣伝美術|O2Design 

演出助手|香月蛍 

制作協力|田中里実

衣装協力|鈴木はるか

企画・制作|coconkukanunity


○specialthanks

株式会社エッグスター

O2Design

株式会社KWAN

株式会社Cheer Lead

ニサンカタンソ

株式会社プラチナムプロダクション

フロアトポロジー

株式会社ヘリンボーン

劇団ホチキス

株式会社UTY

合同会社LICHT-ER

Я ru-a

..and ALL


○mail

info@coconkukanunity.art



2022年11月にcoconkukanunityの公演を行うに伴い、出演者のオーディションを開催させていただきます。

下記公演情報及び募集要項をご確認いただきご応募ください。


※応募フォームは下部にございます。


【今回作品】

■舞台公演 coconkukanunity vol.12

タイトル:未定


■作・演出

木村克幸(coconkukanunity)


■会場

池袋シアターグリーン box in box theater


■公演・小屋入り期間

2022年11月7日〜13日

8~10ステージ


■応募資格

・18歳以上の作品創りに対して前向きに取り組める方

・社会的情勢を踏まえた上で積極的に宣伝、お客様をお誘いできる気持ちのある方

・事務所に所属されている方は事前に許可が取れている方


■作品について

このコロナ禍に入り

過ぎ去るのを待ち続け

想い半ばに歩みを止めてしまった人も少なく無いかと思います

いつかそうなるとか言う言葉じゃなく

今をどうにか変えていきたい

そんな事を考える今日この頃

自分が演劇に対して何をすべきだろうと模索する日々が続きます

答えはまだまだ輪郭を表してくれませんが

僕は雨が嫌いです

止まない雨は無いとか、そう言う言葉もありますが

そもそも降っている雨が好きじゃ無いです

きっと当事者にはその先の事より

「今」どうなのかが大切なのかなと感じています

そんな「雨」をテーマに、自分が好きじゃ無い世界を

少しでも好きになれるかもしれないような作品を創りたいと思いました

また、いろんな人に力を借りて

形にしていきたいと思います

私は走っていた

とにかく走っていた

あんなに差していた日差しが

大きく陰って

雨が降り出してきた

私は走っていた

この雨から逃げるように

濡れた身体を癒す場所を探して

この街が水浸しになった時

私は街外れの商店にたどり着いた

そんな場所での

雨の日だけの、不思議なお話


■オーディション日程

7月16日 13時から17時

7月17日 13時から17時

7月18日 13時から17時

※応募多数の場合は書類にて選考させていただきます。

選考結果は順次ご連絡をし、最終7月14日までにご連絡いたします。

■オーディション会場・内容

会場:都内某所

内容:自己紹介とテキストを使用した演技

■応募締切

2022年7月13日


■参考作品

タイトル:もしも、世界が、あお、ならば、、、

脚本・演出:木村克幸(coconkukanunity)

https://www.youtube.com/watch?v=6U78B4OeNbY&t=16s

タイトル:ネリネの曲線

脚本・演出:木村克幸(coconkukanunity)

https://youtu.be/lm7XPSjcp2E


■稽古について

8月中旬〜下旬:顔合わせ、写真撮影(2日程度)

9月下旬:稽古開始(週2程度)

10月:本稽古(週3程度※本番前週は集中稽古により連日となる可能性があります)

稽古時間:13~21時(社会的情勢により変動の可能性あり)

稽古場所:都内スタジオ

別途撮影等のお仕事のスケジュールはご相談にて対応させていただきますが、

可能な限り稽古への参加をお願いいたします。


■報酬

・最低報酬:50,000円〜

・追加チケットバック:500円〜1,000円(販売枚数により)

・チケットノルマはございません


※上記報酬以外にも実績により報酬はご相談させていただきます。

 報酬部分についてご要望のある方は別途ご相談ください。


報酬は基本振込とさせていただいており、公演がある月の末締め翌月末払いとなります。

請求書を発行していただく必要がございます。

他別途ご希望がある際はお申し付けください。


■副次的な販売物に関して

グッズ制作や、公演作品の映像化を検討しております。

上記制作は事前にご同意くださいますようお願いいたします。

出演と別に発生する収益に関しましては、別途規定させてください。


■coconkukanunityについて

音、と、視覚、に重点をおいて、往年の演劇、と言う形から外れた

芸術性のある作品を制作する傍ら、これからの表現者(演出家・役者)の

作品をプロデュースし、表現者の関係性や可能性の幅を広げ

つながりを広げていく活動を行っていくために設立。


■過去作品

2017年

10⽉ 運命のひとびと/シアター⾵姿花伝(総合プロデュース)

10⽉ 希望の家/千本桜ホール(総合プロデュース)

2018年

1⽉ 浦島の⼦/キーノートシアター(総合プロデュース)

6⽉ ⾷×劇(ショクゲキ)「グッデイ」レストラン提携公演(総合プロデュース) 7⽉ ⾷×劇(ショクゲキ)「Bouno×Bouno」レストラン提携公演(総合プロデュース)

9⽉ 絶体絶命/参宮橋トランスミッション(総合プロデュース)

11⽉ 「もしも、世界が、あお、ならば、、、」/彩の国さいたま芸術劇場(脚本演出/総合プロデュース)

2019年

3⽉ 慈烏反哺/ワーサルシアター(総合プロデュース)

4⽉ Garden of the Cage/キーノートシアター(総合プロデュース)

6⽉ カウントダウン/吉祥寺シアター(脚本演出/総合プロデュース)

7⽉ 星々のお祭り〜記憶の中のジャルダン〜/ワーサルシアター(総合プロデュース) 11⽉ ネリネの曲線/ワーサルシアター(脚本演出/総合プロデュース)

2021年

10⽉ 無重⼒、な、わたし、/シアターグリーンBox in Box(脚本演出/総合プロデュース)

2022年

4月 合同会社LICHT-ER企画「design.2」特別公演「ネリネの曲線」再演/シアターグリーンBASE THEATER


■応募フォーム

https://forms.gle/5u3ovS1rqkmuLYPD8


■フォームが難しい場合

info@coconkukanunity.art

上記メールアドレス宛に下記情報をお送りください

・名前(ふりがな)

・プロフィール写真(全身・上半身)

・年齢

・所属事務所/団体(所属されていない方はフリーとご記載ください)

・出演歴

・志望動機

・希望日程

・SNSアカウント

・連絡先


■最後に

多くのかたと出会えるのを楽しみにしています。

よろしくお願いいたします。

合同会社LICHT-ER企画「design.2」

特別公演

coconkukanunity「ネリネの曲線」

脚本/演出:木村克幸


11月16日 晴れ

明日はどうやら

雨が降るらしい

私は大きく息を吸って

また、今日という一日に挑んでいく

こんなにも今日までを消費していただけの私が

こんなにも必死に一日を過ごすだなんて

こんなにもありきたりな一日が

こんなにも特別な一日になるだなんて、、、

来て欲しくない明日を

見ないように、見えないように

私は今日を繰り返す

そんな

1日に閉じ込められた

私の物語

いつだか

どこだか

見覚えのある

そんな、あの日のおはなし

○schedule

公演場当たり

 2022年4月6日(水)

・13:00〜15:30の回

・17:00〜19:30の回

各15名限定


公演本番

 2022年4月8日(金)〜10日(日)

・4月8日(金)  19:00

・4月9日(土)  19:00★アフタートーク

・4月10日(日) 13:00/18:00


○place

 池袋シアターグリーン

 BASE THEATER

https://theater-green.com/map/


○ticket

場当たり

 チケット料金 1,000円

本番

 チケット料金 2,000円

※どちらも受付開始・開場はお時間の30分前となります

予約フォーム

https://www.quartet-online.net/ticket/nerinenokyokusen


○cast

谷澤翼(ニサンカタンソ)

朝倉真琴

ゆで ちぃ子。

上野陽立

大里結衣

越路隆之

佐藤俊介(DBproduction)

鈴木はるか


○staff

照明:南雲舞子(LICHT-ER)

音響:北島とわ

音響オペ:阿久津未歩(LICHT-ER)

舞台監督:阿部泰之(ザレ×ゴト)

制作:小野塚央

映像撮影:森田佳奈世(LICHT-ERve.)

ゲネ撮影 : 遠藤茉由


企画制作|合同会社LICHT-ER

project partner|coconkukanunity


○mail

info@coconkukanunity.art

coconkukanunityでは次回2022年4月の制作舞台のキャスト及び、

今後の発表作品においてご一緒させていただける役者さんを募集いたします。

下記概要です。よろしくお願いいたします。


■公演について

合同会社LICHT-ER企画「design.2」


特別公演

coconkukanunity「再演:ネリネの曲線(仮題)」

脚本演出:木村克幸


2022年4月4日(月)〜4月10日(日)※小屋入り期間

4~5st

※企画の趣旨として小屋入り仕込み〜場当たりまで生配信を行いますのでご了承ください

会場:池袋シアターグリーン BASE THEATER


■ひとこと

この度照明会社である合同会社LICHT-ERさんの企画にて、新人育成のための公演のプロジェクトパートナーとして参加させていただくこととなりました。

過去作品の再演は初めての試みですが新しいことをしていきたいと思っています。

素敵な方と出会えることを楽しみにしています。

よろしくお願いいたします。


■あらすじ

11月16日 晴れ

明日はどうやら

雨が降るらしい

私は大きく息を吸って

また、今日という一日に挑んでいく

こんなにも今日までを消費していただけの私が

こんなにも必死に一日を過ごすだなんて

こんなにもありきたりな一日が

こんなにも特別な一日になるだなんて、、、

来て欲しくない明日を

見ないように、見えないように

私は今日を繰り返す

そんな

1日に閉じ込められた

私の物語


■応募資格

・〜40歳くらいまでの方

・稽古期間:本番直前2週間のみになります。

 基本的にご調整いただける方でお願いいたします。

 (NGは少数でしたらご相談可能です)

・事務所所属の方は応募前に承諾を得てください。

チケット料金:前売り2,000円

報酬:チケットバック制 1,000円/枚


■出演募集ワークショップ日時

A:2022年 1月15日 18:00〜

B:2022年 1月16日 18:00〜


■ワークショップ参加費用

無料(会場までの交通費はご負担いただきますようお願いします)


■会場

都内近郊


■応募方法

①お名前

②年齢

③所属事務所等

④志望動機

⑤プロフィール資料(jpeg or pdf)の添付

※なければ全身・バストアップのお写真添付してください

⑥希望日時

AorB


上記内容を件名「ネリネの曲線2022応募」としていただき、下記メールアドレスまでお送りください

info@coconkukanunity.art


■応募締切

2022年1月8日

※書類選考の後、1月10日までにワークショップにご参加いただく方にご連絡いたします


■感染症対策へのお願い

・会場では原則マスクの着用をお願いいたします

・体調不良の方、体温が37.5度以上の方はご参加をお控えいただきますようお願いいたします

・入場時に検温、手指の消毒にご協力お願いいたします

coconkukanunity vol.11

『無重力、な、わたし、』


【応援札:Support Flower】

昨今の感染症対策により、残念ながら劇場にて祝い花をお預かりすることができません。

ですが、少しでもお客様の温かいお気持ちを形に残せないかと、今回、【応援札:Support Flower】としてロビーにて掲示させていただきます。




応援札の種類は2種類です。

【中】 ¥5,000

https://coconkukanun.official.ec/items/52952800




また、ご購入希望の方は、下記内容を記載頂きますようお願い申し上げます。

【お祝いの御言葉】

例:祝御出演、祝御公演等

【応援したいキャスト】

応援する出演者のお名前をご記載ください

※特に記載がなければ「団体」扱いとなります

【メッセージ】

簡単なメッセージをお入れすることも可能です。

お客様の温かいお気持ちに役者一同励みになります。

※特に無くても問題ございません


頂戴しましたお気持ちの一部は応援いただきましたキャストにお渡しいたします。

残りは、本公演感染症対策諸経費に充てさせていただきます。


銀行振込ご希望の方は下記リンクよりお申し込みください

https://form.run/@coconkukanunity11-ouenhuda


最後まで無事公演が終了できるよう、出演者・スタッフ一同注意して参ります。

これからも変わらぬご声援のほどよろしくお願いいたします。


coconkukanunity 

coconkukanunity vol.11

舞台 『無重力、な、わたし、』

脚本/演出 木村克幸(coconkukanunity)

わたし、は、ここにいる

ふわふわと、漂っている

いろんなものに、ながされて

おんなじ日々を、過ごしてる

少しだけ昔、わたし、は、夢をみていた

というか、夢の中にいた

張り裂けそうなくらい、大きく膨らんだこころが、

目に入る全てのものを、一瞬で夢に変えていた

そんな、わたし、わたしたち、は、

知らない誰かにそそのかされて、

膨らんでいたこころを、少しずつどこかにかくしてきた

こころがからっぽになった時、

わたし、は、大人になった

わたし、は、ここにいる

ふわふわと、漂っている

いろんなものに、ながされて

おんなじ日々を、過ごしてる

こころがからっぽになった時、

わたし、は、無重力、になった

無重力、な、わたし、

そんなわたし、が、

かくしたこころを、探すはなし。


○schedule

 2021年10月28日(木)〜31日(日)

・10月28日(木) 19:00

・10月29日(金) 14:00/19:00

・10月30日(土) 14:00/19:00

・10月31日(日) 13:00/17:00


○place

 池袋シアターグリーン

 BOX in BOX THEATER


○ticket

・S席 *各公演最前列中央10席限定

 前売りのみ 6,000円

・A席

 前売り 4,500円

 当日  5,000円

☆2回目以降のご来場は500円割引

 (初回チケット持参)

・U22  3,500円(A席前売りのみ)

予約フォーム

https://www.quartet-online.net/ticket/mujuuryoku


○cast

古野美優(株式会社ホリプロ)

小町雪(DB production)

東条澪(株式会社プラチナムプロダクション)

青矢修

ゆで ちぃ子。

上野陽立

市瀬美和(Zillion Mode PRODUCTION)

安井秀和

宮後真美

渡邉秀夫

谷澤翼(株式会社NLT)


○staff

舞台監督|松井カズユキ  

照明|阿久津未歩(LICHT-ER)

音響|縄司龍二(Я ru-a)  

美術|愛知康子 

演出助手|谷澤翼 

制作協力|田中里実

衣装協力|鈴木はるか

企画・制作|coconkukanunity


○specialthanks

株式会社NLT

Zillion Mode PRODUCTION

DB production

株式会社プラチナムプロダクション

株式会社ホリプロ

Я ru-a

合同会社LICHT-ER

..and ALL


○mail

info@coconkukanunity.art

coconkukanunity vol.11
○title
「無重力、な、わたし、」
Written and directed by 
木村克幸(coconkukanunity)
わたし、は、ここにいる
ふわふわと、漂っている
いろんなものに、ながされて
おんなじ日々を、過ごしてる
少しだけ昔、わたし、は、夢をみていた
というか、夢の中にいた
張り裂けそうなくらい、大きく膨らんだこころが、
目に入る全てのものを、一瞬で夢に変えていた
そんな、わたし、わたしたち、は、知らない誰かにそそのかされて、
膨らんでいたこころを、少しずつどこかにかくしてきた
こころがからっぽになった時、
わたし、は、大人になった
わたし、は、ここにいる
ふわふわと、漂っている
いろんなものに、ながされて
おんなじ日々を、過ごしてる
こころがからっぽになった時、
わたし、は、無重力、になった
無重力、な、わたし、
そんなわたし、が、
かくしたこころを、探すはなし。
○schedule
2021年10月28日(木)〜31日(日)
 ・10月28日(木) 19:00
 ・10月29日(金) 14:00/19:00
 ・10月30日(土) 14:00/19:00
 ・10月31日(日) 13:00/17:00
※社会情勢により日時の変更が生じる場合がございます
○place
池袋シアターグリーン
BOX in BOX THEATER
○ticket
ALL 4,500円
発売開始:2021年9月1日

○cast
青矢修
市瀬美和(Zillion Mode PRODUCTION)
小町雪(DB production)
東条澪(株式会社プラチナムプロダクション)
古野美優(株式会社ホリプロ)
宮後真美
ゆで ちぃ子。
上野陽立
谷澤翼(株式会社NLT)
安井秀和
渡邉秀夫
順不同

coconkukanunity主宰の木村です。


2017年10月から2019年までで舞台公演10作品を制作してきましたが、2020年コロナ禍の影響により舞台公演に踏み込めずにいました。

今になり、足を止めてはいけないのだと強く感じ、公演を打つ運びとなりました。

賛否両論はあるかと存じますが、このご時世の中で作品を創作し生き続けるために、見守っていただければ幸甚です。

そこで、この度一緒に作品を創り上げてもらえる出演者を募集いたします。

経験の有無は問いません。この中で一つの作品に対して情熱を注げる方を探しています。

要項をお読みになり、フォームよりご応募いただきますようお願いいたします。

オーディション日程:2021年7月3日,4日


申し込みフォーム↓↓↓↓↓↓↓↓

https://form.run/@coconkukanunity11-mujuryoku

ご検討のほど、よろしくお願いいたします。

以下。要項


----------------------------------------------------------------------------------

coconkukanunity vol.11

<主宰>

木村克幸  

<団体名>

coconkukanunity(ココンクウカンユニティ)

【coconkukanunityについて】

音、と、視覚、に重点をおいて、往年の演劇、と言う形から外れた

芸術性のある作品を制作する傍ら、これからの表現者(演出家・役者)の

作品をプロデュースし、表現者の関係性や可能性の幅を広げ

つながりを広げていく活動を行っていくために設立。

【今回作品】

■舞台公演 coconkukanunity vol.11

タイトル:無重力、な、わたし、

 

■作・演出

木村克幸(coconkukanunity)

■会場

池袋シアターグリーン box in box

■公演期間(予定)

2021年10月27日〜31日

7〜9ステージ

【作品テーマ】

コロナ禍に入り色々と諦めてしまったことも多い中、心を閉ざしてしまった人々を、幼少期の好奇心を大人になるにつれて閉ざしてしまった状況に重ね、暗くなってしまっている心を少しでも前向きにできるような物語の制作。


■作品イメージ

わたし、は、ここにいる

ふわふわと、漂っている

いろんなものに、ながされて

おんなじ日々を、過ごしてる

少しだけ昔、わたし、は、夢をみていた

というか、夢の中にいた

張り裂けそうなくらい、大きく膨らんだこころが、

目に入る全てのものを、一瞬で夢に変えていた

そんな、わたし、わたしたち、は、知らない誰かにそそのかされて、

膨らんでいたこころを、少しずつどこかにかくしてきた

こころがからっぽになった時、

わたし、は、大人になった

わたし、は、ここにいる

ふわふわと、漂っている

いろんなものに、ながされて

おんなじ日々を、過ごしてる

こころがからっぽになった時、

わたし、は、無重力になった

無重力、な、わたし、

そんなわたし、が、

かくしたこころを、探すはなし。


■参考作品

タイトル:もしも、世界が、あお、ならば、、、

脚本・演出:木村克幸(coconkukanunity)

https://www.youtube.com/watch?v=6U78B4OeNbY&t=16s


■報酬

別途個別にてご相談させてください


■稽古について

8月:顔合わせ、写真撮影(2〜3日程度)

9月:稽古開始(週2程度)

10月:本稽古(週4程度※本番前週は集中稽古により連日となる可能性があります)

稽古時間:13~21時(社会的情勢により変動の可能性あり)

稽古場所:都内

別途撮影等のお仕事のスケジュールはご相談にて対応させていただきますが、

可能な限り稽古への参加をお願いいたします。


■副次的な販売物に関して

グッズ制作や、公演作品の映像化を検討しております。

また、クラウドファウンディングを検討しております。

出演と別に発生する収益に関しましては、別途規定させてください。


■最後に

当団体11作目を迎え、2017年後半から2019年まで劇場公演10作を制作してきましたが、2020年コロナ禍の影響で作品制作ができずにおり、2年ぶりの公演となります。

ただの販売物としてではなく、『作品』を一緒に創れる方を探しています。

よろしくお願いいたします。



【過去公演について】

・タイトル 4 -four- これまで、と、これから

・公演日程 2015年5月

・作演出 木村克幸(coconkukanunity)

・会場 池袋シアターグリーン BASE THATER

・タイトル 三本目、絡まる、歪な曲線

・公演日程 2015年8月

・作演出 木村克幸(coconkukanunity)

・会場 新宿眼科画廊

・タイトル 林檎戦争

・公演日程 2015年12月

・作演出 木村克幸(coconkukanunity)

・会場 新宿眼科画廊

・タイトル 運命のひとびと

・公演日程 2017年10月

・作演出 柴田孝介(junkink)

・会場 シアター風姿花伝

・タイトル 希望の家

・公演日程 2017年10月

・作演出 松井カズユキ

・会場 千本桜ホール

・タイトル 浦島の子

・公演日程 2018年1月

・作演出 松井カズユキ

・会場 キーノートシアター

・タイトル 絶体絶命

・公演日程 2018年9月

・作演出 松井カズユキ

・会場 参宮橋トランスミッション

・タイトル もしも、世界が、あお、ならば、、、

・公演日程 2018年11月

・作演出 木村克幸(coconkukanunity)

・会場 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール

・タイトル 慈烏反哺

・公演日程 2019年3月

・作演出 松井カズユキ

・会場 ワーサルシアター八幡山

・タイトル Garden of the Cage

・公演日程 2019年4月

・作演出 佐藤信也(疾駆猿)

・会場 キーノートシアター

・タイトル カウントダウン

・公演日程 2019年6月

・作演出 木村克幸(coconkukanunity)

     松井カズユキ

・会場 吉祥寺シアター

・タイトル 星々のお祭り~記憶の中のジャルダン~

・公演日程 2019年7月

・作演出 吉岡徹

・会場 ワーサルシアター八幡山

・タイトル ネリネの曲線

・公演日程 2019年11月

・作演出 木村克幸

・会場 ワーサルシアター八幡山


申込、お問い合わせ先メールアドレス

‭coconkukanunity2017@gmail.com‬


----------------------------------------------------------------------------------


coconkukanunity木村です。

今回作品の脚本・演出を努めさせていただきました。

ご来場いただいたお客様、また、ご来場難しくも応援してくださったお客様本当にありがとうございました。

簡単に作品について綴らせていただこうと思います。


【ネリネという花について】

この「ネリネ」という花は作品を作る前は全く知りませんでした。

まだ、作品が形になる前、日常を繰り返す話にするという漠然とした構想の段階で、何気なく11月の誕生花について調べておりました。


そこで11月17日の誕生花である「ネリネ」と出会いました。

花言葉:また会える日を楽しみに

この花と出会った時、魅了され、作品をに向けてスタートしました。

もともと、「喪失」というのを作品のテーマの核にすることが多く、その「ネリネ」の形状が彼岸花と酷似していることもあり、イメージが湧きやすかったです。


ネリネの花弁の曲線のように、緩やかにカーブを描いてまた同じ日に戻ってくる。

そんな作品にしたかったのだと思います。


今回の作品については、初顔合わせのタイミングでは、こんな漠然としたイメージのみを携えて、台本は一文字もありませんでした。

そんな中、役者陣のイメージから少しずつ台本に書き起こし、作品の完成に向かっていました。


こんな状態の中で、よく自分のことを信じてみんなついてきてくれたなと感謝でいっぱいです。


【華という人、圭介という人】

華という人物はきっと、どこか違う世界の自分、もしかしたら自分がこうでありたい、こう進んでいきたいという思いがあったのだろうと思います。

辛いという気持ちを抑えて、誰かに優しく、辛いことがあっても少しずつでも前にすすんでいけるような、そんな人間になりたいのだと思います。


変わって圭介はきっと、本来の自分を少なからず投影しているのかなと、思っています。

夢をおって、現実を少し雑にして、進んでいっているそんな自分の甘さのなかに、自分なりの救いの解釈が生まれたキャラクターなんだと、、、


華と圭介というのは、自分の中にある人間性を、分離させた存在なのかなと、作品が終演してから感じました。


【作品にあるはずの救いについて】

本来作品というのは、最終的に救いがあったり、みんな幸せになったりすることが多いのかと思います。

しかし今回の作品には救いはありません。全く。

華という存在の大切な人は結局死んでしまうし、蘭の恋人であろう語り部さえも、死を受け入れます。


そんな作品にわずかでいいので自分なりの救いを作りたかった。

なので、冒頭に、語り部の「この話は、嘘です、、、」と綴りました。


物語なんてものは嘘で、でもその中にある、自分が作品を通して伝えたい、あるいは、自分自身が気づきたい、当たり前が当たり前でない、毎日が同じようでも同じではない、限られた時間を必死に生きたいという願いを込めたかったのかもしれません。


【最後に、、、】

作品は、少なくとも僕が創る作品には、どこか終わってから考えなくてはいけない、スッキリしない場面をなるべく作るようにしています。

作品が終わり、少しもやもやして、一緒に来場されたかたや、ふとした時に作品について、劇場以外でも感じていただければという気持ちがあるからです。


嫌な気持ちにさせてしまってしまったら申し訳ありません。

ただ、作品をご覧いただき少しでも人生の記憶の一部となることができたのであれば、作品および関わる人間たちは本望です。


この作品を、自分自身を通して、これからも必死に人生に、生み出す物語に向き合って行ければと思います。


誠実に、少しずつでも、優しいスピードで、、、


あと、100年も生きられないのだから。。。



coconkukanunity木村


coconkukanunity vol.10 -円 en-
■作・演出
木村克幸
■タイトル
ネリネの曲線
■ひとこと
同じような毎日を
退屈だというけれど
もしかするとそんな今日は
ずっと続いて欲しい1日なのかもしれないと
そう思った
どこかの
だれかに
ある時突然に
今日に閉じ込めて欲しいと
そう思った
自分は果たして
今日を精一杯
生きられているだろうか
そんなことを
そんな思いを
この作品に込められたらと思う
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
11月16日 晴れ
明日はどうやら
雨が降るらしい
私は大きく息を吸って
また、今日という一日に挑んでいく
こんなにも今日までを消費していただけの私が
こんなにも必死に一日を過ごすだなんて
こんなにもありきたりな一日が
こんなにも特別な一日になるだなんて、、、
来て欲しくない明日を
見ないように、見えないように
私は今日を繰り返す
そんな
1日に閉じ込められた
私の物語

■期間
2019年11月27日(水)〜12月1日(日)
11月27日(水) ★14:00(k) / 19:00(k) 
11月28日(木) ★14:00(k) / 19:00(k) 
11月29日(金) ★14:00(k) / 19:00(k) 
11月30日(土) 13:00(t) / 18:00(t) 
12月1日(日)  12:00(t) / 17:00(t) 
※受付・開場時間は30分前となります。
※上演時間は1時間30分を予定しております。
■チケット
前売:4,000円
★マークの公演は割引前売 3,500円で
のご案内です。
U25→25歳以下のお客様は 3,000円でのご案内です(受付にてご年齢の分かる身分証明書をご提示ください)
当日:4,500円
■会場
ワーサルシアター八幡山
https://worsal.com/theater/access.html
■出演 
髙坂汐里
伊藤文一
谷澤翼 (t)のみ出演
渡邉秀夫
菅野奈都美
鈴木はるか
木芽まりも
木村克幸 (k)のみ出演


■STAFF

照明:近藤大稀(LICHT-ER)、阿部将之(LICHT-ER)

音響:縄司龍二(Sound Feel) 

制作:横畑洋輝(coconkukanunity)



ご予約はこちらから


お問い合わせ

coconkukanunity2017@gmail.com